ボランティアに参加する

YMCAとボランティア

YMCAは1844年、産業革命後の荒廃したロンドンで、もっと心豊かに生きたいと願った12人の青たちが創った組織です。彼らは仲間とともに聖書を読み、街角に図書室を作り、講演会を開くなど、青少年育成のための活動をボランティアで展開していきました。
現在YMCAは世界119カ国に広がり、それぞれの地域や時代のニーズに合わせてさまざまな活動を行なっています。いずれの活動も、人びとの幸せを願うたくさんのボランティアのエネルギーによって行われています。その意味でYMCAは、世界最大規模のボランティア団体といえます。

YMCAの考えるボランティアとは

YMCAはボランティアを、ボランティアをする側からの"一方的な支援・援助"や"奉仕活動"ではなく、他者との相互関係の中で考え、感じ、行動するものであると考えています。共に生きるために痛みや喜びを分かち合うことが、YMCAのボランティアのはじまりです。

YMCAボランティアの定義

  • 自らの自由な意志によって(自発性)

  • 主体的に、責任を持って参加し(主体性、責任性)

  • 金銭や名誉などの報いを目的とせず(無償性)

  • 人々や社会のために働き(利他性、社会性)

  • 人々と痛みや喜びを分かち合い(相互性)

  • 継続的に(継続性)

喜んで自らの時間や労力、知識や能力、金銭などを提供するものをいう。

ユースボランティア募集

お問い合わせはこちらから

ユースボランティアの募集

YMCAは、子どものキャンプや野外グループ活動、サッカー教室、水泳教室など、多数の青少年活動を行なっていますが、それらの活動は、「ユースボランティアリーダー(通称:リーダー)」とよばれる18歳~30歳代のボランティアが担っています。「リーダー」は、子どもたちと一緒に参加しながら、その成長を支えていきます。子どもたちとの関わり方や、プログラムの指導方法などは、所定のトレーニングや"リーダー会"とよばれる準備会の中で身につけていきますので、はじめての方も安心して参加ください。

YMCAのボランティアリーダーとは

YMCAの活動では、「ボランティアリーダー(通称:リーダー)」と呼ばれる、18歳以上の主に学生のボランティアたちが活躍しています。「リーダー」というと一般的に、上から引っ張っていくイメージがありますが、YMCAのリーダーは、子どもたちと一緒に活動を楽しむ「お兄さんお姉さん」たち。もちろん火の熾し方など必要な技術を教え、安全管理もしますが、先生や親のような「タテの関係」の指導者ではなく、子どもたちに近い「ナナメの関係」で、共に感動したり、ケンカや涙にも寄り添ったりしながら成長を見守っていきます。子どもたちは一緒に遊んでくれるリーダーたちが大好きです。「大きくなったらリーダーになりたい」と言う子も多く、実際にリーダーになった子どもも少なくありません。
子どもにとってリーダーとの関わりは、楽しいだけでなく、その成長に大きな影響力をもっています。YMCAは子ども同士の対等な「ヨコの関係」を大切にしており(=グループ・ワーク)、その中で子どもたちは協力し合い、創意工夫するなど多くの体験をして成長していきますが、リーダーは、子どもの自主性を損ねることなくごく自然な形でグループに浸透し、グループを良い方向に導いていくために大きな力を発揮します。リーダーたちはこの活動のために多数の研修を受け、事前の準備を重ねていきますが、多くのリーダーは「ボランティアをしてあげた」とは言わず「自分自身も成長できた」と語ります。"ボランティアをする側"と"される側"という関係を超え、子どももリーダーも共に成長していく活動、それが永年にわたるYMCAの青少年活動の特徴です。

リーダーの取り組み

子どもたちが楽しく参加できて、そして成長できるような活動をつくり上げていくために、リーダーは学業のかたわら、各種のトレ-ニングを受けたり、リーダー会に出席したりと、さまざまな準備をしています。
リーダーとしての資質を身につけ、必要な技術や知識を身に着けるための研修です。

リーダートレーニング(理論)
「YMCA理解」「子どもの発達課題の理解」「グループワークとリーダーの役割」など、テーマに応じてさまざまな講師から研修を受けます。

リーダートレーニング(実技)
実際にキャンプ場に宿泊し、プログラムに必要な技術や指導法、安全確認の仕方、グループ運営の方法、自然の観察方法などを学びます。サマーキャンプ前には、火おこしや薪割り、野外料理の方法、食中毒予防、救急法など、各キャンプに応じて技術を覚え、指導法を学びます。 スキーシーズンは、スキー場での宿泊トレーニングを行います。スキー技術の向上と指導法や安全の理解を深めます。
初心者のリーダーもこのトレーニングで立派に上達します。

ユース・エンパワーメント

超高齢社会となった日本で、ユースの権利は著しく弱められています。YMCAでは18~35歳までの世代をユースとして、そのエンパワーメントに取り組んでいます。そこには、YMCAに子どもを通わせる子育て世代や、働く世代も含まれます。YMCAは、希望ある未来のためにユースと共に歩みます。

ユースとは
日本のYMCAでは18~35歳までの世代をユースと呼んでいます。さまざまな課題を抱える現代社会を希望あるものに変えていくために、YMCAはユースが主体的に生き方を選択していける環境を提供することと、一人ひとりがポジティブネットをつくる担い手としての意識をもつことを大切にしています。

ユース・ボランティアリーダー
盛岡YMCAには、100名を超える県内の大学生がユース・ボランティアリーダーとして登録し、盛岡YMCAの行う、野外教育活動、サッカー、水泳教室、国際協力活動、東日本大震災被災地復興支援活動などにボランティアとして、参加しています。ただ、参加するのはなく、自ら企画、立案し、YMCAのスタッフ、YMCAをサポートする市民の皆さんと共同しながら活動を行なっています。

ユースボランンティアの声

盛岡YMCAでボランティアリーダーをしていてよかったことは?

 もし自分が盛岡YMCAの活動に参加せず大学生活を送っていたら…と考えることがあります。今ある沢山の子どもたちとの出会いも思い出も、貴重な経験も、YMCAのリーダーにならなければ出来なかったことだと感じています。

 子どもたちは、私が当たり前に感じて気が付かなかったことにも、よく気が付きます。私の想像を超える物凄い発想力を持っていて、私より物知りだったりもします(虫、乗り物、ポケモンなど、沢山の博士がいます・・・)。そして、私たちリーダーに全力でぶつかってきてくれます。そんな子どもたちと一緒に沢山遊んで、沢山チャレンジして、沢山失敗しながらも、沢山笑って、活動しています。私にとってYMCAの活動は、毎回がかけがえのない時間です。その中で、子どもたちの心からの笑顔が見られた時や、成長した姿が見られた時が、リーダーで本当に良かったと思える瞬間です。跳び箱が飛べるようになった時、水に少し顔を付けられるようになった時、サッカーでゴールにシュート出来た時の、子どもたちのキラキラした表情は本当に忘れられません。野外炊事で一生懸命火を付ける姿や、他の子へ些細な優しさを見せる姿、喧嘩をする姿、悔し涙を流す姿など、子どもたちの様々な一面を見て、私は何度も心を動かされてきました。

 活動をする中で、時には悩んだり、自分の未熟さに悔しくなったりすることもあります。しかし、それほど真剣に子どもと向き合い、自分自身を見つめ直す機会をYMCAの活動を通して頂いているのだと感謝し、これからも全力で活動していきたいと思います。チャレンジを恐れず、魅力溢れる人になっていきたいです!

斎藤七穂(岩手大学教育学部3年)

 私は大学1年生の4月に盛岡YMCAに入りました。将来、保育士になりたいため、子どもと関わりを持てるボランティア活動をやりたいと思って入りました。

 盛岡YMCAに入ったときから2年間、野外活動に参加していますが、活動では、子どもたちと一緒に桜を歩いて見に行ったり、自分たちで薪を割るところから全てを行なってカレーを作ったり、森の中にテントを張ってキャンプをしたり、夜には恋の話や肝試しをしたり、冬にはスキーをしたり、たくさんの経験をしてきました。

子どもたちと共に多くの壁を乗り越え、泣き、笑い、できたを一緒に喜び、分かち合い、子どもたちだけでなく、自分自身も大きく成長することができたと強く感じています。2年前の春、お母さんから中々離れられず、泣きじゃくり、バスに乗ることすら、ままならなかった幼児が、今では「行ってきます!ばいばい~」と手を振りながら、笑顔で自分からバスに乗って行くようになりました。継続的に活動に参加することで、子どもの成長を身近で感じることができるのも非常に嬉しいです。

小田愛海(岩手県立大学2年 社会福祉学部 クララ)

 私がYMCAについて常に思っていることは人との出会いで自分が成長できる場だということだ。まずはともに活動するユースリーダー、YMCA職員のスタッフの方々との出会いである。それぞれが個性を活かして子どもにかかわって活動していることで、自分の個性に気づいたり他の人の良さに気づいたりすることができる。一つの活動、一人の子どもと真剣に向き合うからこそ深く関わりあうことができるのだと感じている。

 次に子どもたちとの出会いである。自分が子どもの時はこんなに生き生きしていただろうか、と思うほど楽しそうにしている子どもたちの姿と出会い、子どもたちが自分のことを覚えていてくれるから、活動を続けていきたいと思える。またそんな子どもたちのためにより楽しい時間を創ろうと考え続けることができる。ボランティアという形で参加しているが、子どもたちからも多くのものをもらえていると感じている。

 そのほかにも他の地域のYMCAで活動しているリーダーたちやワイズメンズクラブの方々などYMCAでリーダーをしていなかったら出会うことがなかった人と出会い自分の中の考えや物事の見方が豊かになったと感じる。リーダーとして活動できるのは今年が最後になるが、YMCAで学んだこと成長したことは今後の自分の力になるとはっきりと思う。最後の1年も子どもたち、リーダーたちと楽しく活動していきたい。

千葉文彦(盛岡大学4年 つよぽんリーダー)

 私は小学生の頃ベスト・キッズでサッカーをしていたので、YMCAに関わり始めて10年目になります。今は、げじげじリーダーとしてYMCAにいますが、リーダーになったばかりの頃は子どもの頃に戻ったような感覚でも、サッカーなどを「する」ではなく「子ども達に伝える」側になりとても不思議な感覚でした。でも普段の活動で子どもとリーダーが同じ目標に向かって取り組み、達成できた時は本当に心の底から嬉しくて楽しいです。

 私はベスト・キッズでサッカーを始め、高校までサッカーを続けました。そして小学生の頃に言われて、高校3年生まで忘れず心に残っていて何度も助けられた言葉があります。それは、「サッカーで負けても人間で勝つ」「技術で負けても心で勝つ」「顔晴れ(がんばれ)」という言葉です。最初の2つの言葉は当時のスタッフに試合前に言われていた言葉です。メンタルの弱い僕はこの言葉に助けられた事が本当に多かったです。3つ目の「顔晴れ」は当時リーダーだったごりなが練習の時に話してくれた言葉です。この言葉があったからこそ辛い時でも辛い顔をせず乗り越えることができたと思っています。

 サッカーに偏った話になってしまいましたが、私はYMCAでの経験や友だちは一生活きるものだと思います。今のYMCAの子ども達に将来同じことを思ってもらえるように、げじげじリーダーとしてたくさんの子ども達と楽しい思い出をたくさん作っていきたいと思います!

(げじげじリーダー)