指導員募集

盛岡YMCAでは、幼児から中学生まで幅広い年代にサッカーや水泳を通して、体を動かす楽しさや達成感を味わってもらうこと。野外活動で日常の生活では体験できない、非日常を体験すること。学童保育で、のびのびと個性を大切に日々の放課後の時間を過ごすこと。
これらの経験、体験を通して子どもたちの笑顔があふれる仕事です!職場環境も若いスタッフが多く、明るく元気です!!
詳しくは盛岡YMCAまでお問い合わせください!
お問い合わせはこちらから
※募集がある場合はこのページに要項をアップします。

盛岡YMCAで働いて良かったこと

向き合える場所で

 小学生の頃からYMCAに関わっていた私は、まさか盛岡YMCAの職員になるなんて思ってもみませんでした。子どもの頃から、YMCAが大好きで、季節キャンプに毎年参加をしていました。素の自分を思いきりさらけ出せる場所、リーダーたちに甘えられる場所、お腹が痛くなるくらい笑える場所、自分に自身が持てる場所、私にとってそんな居場所でした。

 大学生になり、今度はリーダーとして経験を積み、今では職員に。今だから言えることはたくさんあります。こんなにリーダー、職員は大変だったのかと・・・。どうしたら伝えたいことが伝わるのか、心を開いてくれるのか、楽しい時間を作っていけるのか、人と人がつながれるのか、リーダーになり、職員になった今でも、そうした悩みはつきません。

 しかし、悩んだ分だけ、行動する分だけ、自分に大きく返ってくると職員になり、とても実感しています。必死に目の前の相手と向き合っているからこそ、体験できることなのではないかと思います。そしてそれは、私自身をとても大きく成長させてくれます。

 これからも、様々なことに向き合いながら、私自身も、子ども達も、YMCAに関わる全ての方々にとって新しい発見が、成長がある場所でありたいと思っています。

武田悠(岩手大学卒 盛南センター勤務 ゴリナリーダー)

パワーにあふれた場所で

 盛岡YMCAに出会ったのは小学生の時で、運動があまり得意ではない私にとって大きな影響を与えてくれた場所であった。そこではサッカースクールなのにサッカーだけではない楽しさもあり、みんなが真剣にやりながらも笑顔でサッカーをしていた。大学生のお兄さんやお姉さん、違う小学校の違う学年のメンバー。運動が苦手に加えて、人見知りの私にとっては決して居心地の良い場所ではないと思った。しかし、気づけば毎週訪れるサッカースクールの時間が楽しみになっていた。

 今でも私はサッカーが好きだったのか、リーダーやメンバーのみんなとサッカーがするのが好きだったのか、どちらなのかわからない。その両方だったかもしれない。しかし、YMCAで過ごす時間が楽しかったことは確かなことだ。

 小学生のころYMCAで始めたサッカーを高校まで続け、リーダーとして大学生で過ごした4年間でサッカースクール以外の活動も経験した。サッカー以外の活動は、小学生だったころに他の活動にも参加しておけばよかったと後悔するほど楽しいものだった。そして現在はスタッフとして過ごし、大学1年生の時に小学生だったメンバーがリーダーとして戻ってきて、盛岡YMCAの活動に参加してくれるようになった。そしてこれからもその連鎖は続いていってほしいと思っている。私が子どもたちに何かを与えることはできないかもしれないが、一人でも多く、盛岡YMCAで過ごす時間を楽しいと思ってもらい、私もその時間を一緒に過ごしたい。

 私にとって盛岡YMCAは、素敵な仲間と出会うきっかけとなり、たくさんの人や自分と向き合うことのできる、パワーにあふれた場所である。

向平悟(盛岡大学卒 向中野センター勤務 Gパンリーダー)

共に成長できる場所で

 私がこれまで YMCA で働いてきて、本当に良かったと思ったことは多くあります。

YMCA は、子どもたちとの活動が豊富です。学童内での生活や活動はもちろんのこと、野外活動やチャリティーランの活動など、子どもたちと同じ経験を積むことができます。その中で子どもたちの長所を見つけ、伝えることは本当に楽しく、充実しています。その子の個性や成長を見られたときは、本当にうれしく働いていてよかったといつも思います。

 その一方で難しい面もあります。私は子どもたちを叱らなければならない時に一番難しさを感じます。こちらの考えを押し付けるだけならば簡単ですが、「なぜしてしまったのか」を聞いて、一緒に考えながら解決していくことを大切にしています。それがとても難しく、悩む時があります。ですが、YMCA ではスタッフ間の距離が近く、相談がしやすいです。一人で悩まず、その都度、相談できるので安心して働くことができます。

子どもたちと過ごしていると、今まで当たり前すぎて考えていなかったことを気付くことが多くなりました。ある子と話をしているとき、「この時間は、もう2度と来ないんだから大切にしないとだよね」と言われたのを覚えています。私と子どもたちが過ごす時間はあっという間に過ぎてしまいます。だからこそ、その時間を大切にして子どもたちと成長していきたいと思っています。

 これからも長所を伸ばし成長していく子どもたちと一緒に、自分も成長していくことができる YMCA で、今しかない子どもたちとの大切な時間を過ごしていきたいです。

大久保里美(盛岡医療福祉専門学校卒 前潟センター勤務 ブルックリーダー)