ピンクシャツデー特別企画『タグラグビーを通しての体験型講座』

HPタグラグビー(サムネイル)

 ピンクシャツデーとは2007年、カナダの学生2人から始まったいじめ反対運動です。

 ある日、ピンクの服を着て登校した少年が「ホモセクシャルだ」といじめられました。それを聞いた先輩2人が50枚のピンクシャツを購入、インターネットで「明日、一緒に学校でピンクシャツを着よう」と呼びかけました。翌日学校では呼びかけに賛同した数百名の生徒がピンクのシャツや小物を身に着けて登校。学校中がピンク色に染まり、いじめが自然となくなったそうです。カナダで最初にこの出来事があった日が2月の最終水曜日でした。それ以降、2月の最終水曜日に私たちもいじめを考え、いじめられている人と連帯する思いを表す1日としています。

 盛岡YMCAでも自分と相手を大切にする事を考えるきっかけになる事を願い、職員はもちろん、各プログラムに参加するメンバーとともに、その想いを形にする運動を行っています。

今回はピンクシャツデー特別企画として、『タグラグビーを通しての体験型講座』を行います。テーマは「今を楽しむには」となっており、目的は、参加した方が自分・相手を大切に思える、考えるきっかけ、日々が少しでも楽しく感じられるきっかけとなることです。

開催日時は2019年2月24日(日) 14時~16時30分。会場は盛岡スコーレ高等学校アリーナとなっております。対象は、小学生高学年から高校生及びその保護者の方です。申し込みはもちろん、質問等も随時承っておりますのでお気軽にご連絡ください。

 

お申し込み・問い合わせ等、詳細はこちら